<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

あいたくて、あいたくて

最寄りのデパートに、あいたかったあの方がやってくるという。
ちょうど用事でその街に行くところだったのは運命?なんちって(笑)

あいたかったあの方・・・

b0204887_16103843.jpg
くまモーン♡
(いや、もっと寄った写真はあったけど、見に来た方々のお顔がくっきり
しているものだったのでこれが精いっぱい)

毛並みツヤツヤなでたりポージングしたり。
でもゆっくりいられなくてゴメーン!

あたふたと用事を済ませ、もうお腹がグーグー。
催事で来ていたマーロウさんでプリンを調達。

b0204887_16105391.jpg
お腹の誘いではなく、これは完全パケ買い(笑)
ほうじ茶とくるみのブリュレプリン。

b0204887_16110217.jpg

ほうじ茶の風味は満載だけど・・・やわい。ほぼ硬めのクリーム。
硬さ具合でいったらギリシャ風ヨーグルトみたいな感じ。
私、昔ながらのかったいプリン派なのでこれはプリンじゃない・・・
(ちなみにギリシャ風ヨーグルトも苦手。)
コーヒー飲みながらこれ1つ食べただけでもたれそうなぐらいの満腹感。
ま、でもくまモンに会えたからいっか。

[PR]
by haru-livre | 2017-09-26 16:28 | おやつ | Comments(0)

思い出のおはぎ

昔々、お正月と、春と秋のお彼岸の時とお盆には、母方の親戚一同が家に集まるのが
習慣だった。
お正月にはたくさんのおせちやおかずを作り、お彼岸とお盆にはおばあちゃんが
太巻き寿司を20本近く巻くのも習慣だった。
1年に数度、親戚の顔を見るのも習慣だった。
とにかく賑やかで楽しかった、という思い出が私の心の中に。

それぞれの家の子世代(私や従兄姉達)も大人になって、同じ日に集まると
いう事も難しくなってきて、それぞれが都合のいい頃合いに別々に来る時期が
過ぎて、だんだん家庭を持つようになって集まる事も滅多になくなり、
おばあちゃんが亡くなったのを機に誰かの葬式でもない限り会う事もなくなった。
それが春の終わりの叔母(三女。ちなみに長女は私の母)の葬儀だった。
葬儀前後は従姉妹達とやりとりしていたメールも、もう今はしていない。
私から送っても返ってくる事はない。
あーあ、あの楽しかった時間は幻だったのかな。

確か、小学生の頃だったか、従兄姉の家におばあちゃんと遊びに行き、おはぎを
作る事になった。初めてのおはぎ作り。
姉妹のような間柄だった(と私は思っている)従姉と胡麻をすっていたら、
調子にのって遊びながらやっているうちにすり胡麻どころか胡麻ペースト状態に。
おばあちゃんと叔母(次女)にこっぴどく怒られ。でも、怒られても何だか楽しかったなぁ。
従姉はもう覚えてないかもしれないけど・・・

秋のお彼岸だし、と、ふと思い立っておはぎ作り。

b0204887_12113532.jpg
おっ・・・おかしいなぁ。サイズ感が普通の倍ぐらいありそう(汗)

b0204887_12114093.jpg
胡麻のおはぎは作らなかったけどね。
しかし、胡麻ペーストになるまですっていたなんてどれだけすっていたのだろう。

青い青い空の下、空の上にいるおばあちゃんと叔母(三女)と義父を思い出しながら。

[PR]
by haru-livre | 2017-09-24 14:57 | おやつ | Comments(0)

仕立て待ち1つ増えました

あと数目分というところで尽きた刺繍糸。
買い足してきたので急いでちくちく。

b0204887_13245944.jpg

できたできた!できました!
あれこれあって遅々として進まなかったけど、どうにか1カ月半ぐらい?

b0204887_13250706.jpg
さて、仕立て待ちがまた1つ増えたとさ(笑)

[PR]
by haru-livre | 2017-09-20 15:52 | ハンドメイド | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.48 半径3キロ外の旅

この半年、いつどう呼ばれてもの臨戦態勢だったので、家から出るとしても
半径3キロ以内。電車に乗ったのも数ヶ月ぶり。

何しろ刺繍糸の在庫が尽きてたのもあるし、これからステッチしたい
チャートはあれど糸がなくちゃ、と、これまた数ヶ月寝かせたまま。

時々訪れていたステッチハウスのオープンステッチハウス。
今回もハガキが来ていたのでちょっと足を延ばしたお出掛けに。

・・・こういう時に限ってカメラ忘れるという(涙)
今回はクリスマス系の作品が多々飾られ、ゲルダさん得意の草花作品もたくさん。
いつも混雑しているのに今日は少し空いていて、ゆっくりキットを探し眺める。
(多分、ワークハウスが別日だったから???)
しかし、金欠病で大判振舞いできないし、家に在庫キットあるし。
なので厳選に厳選を重ねてこれだけ。

b0204887_12105756.jpg
おまけで頂いた右のペルミンは新作なんだって。

品川から東京駅へ。この区間を乗るのは実にン十年ぶり。
働いていた頃以来、かなぁ。

刺繍糸の調達はいつもの越前屋さんへ。
やけに混んでいる上に、刺繍ビギナーさんらしき人がたくさん。
どうやら国営放送の某番組で刺繍の特集をやっていたからか?

そういえば、越前屋さんに来る時は、八重洲口と越前屋さんの往復ばかり。
いつだったか、越前屋さんの並びに何かできていたなぁ・・・と気になってたのを
思い出して京橋方向へ。
前にちらりと見掛けていたのは京橋エドグラン。明治屋で暫し美味しい目の保養(笑)

そろそろお帰りの時間と東京駅へ。いつも通る丸ノ内線への通路が
いつもと違う・・・と思ったら、確かに前は工事をしていたところ。
リニューアルオープンした地下街に茅乃舎がオープンしているのを発見!
お試しに、と茅乃舎だしと野菜だしを。
今日のお買い物、これだけこれだけ(汗)

さて、秋の入り口の気分転換終了。
また明日から頑張りましょう!

[PR]
by haru-livre | 2017-09-19 17:45 | お買い物 | Comments(0)

まさかまさかの

バッグ用のクロスステッチ。
半分が終わったところで刺繍糸残り1束。
いやー、在庫糸の中にはもう同じ色番の糸がないし。
でもどうにかギリギリ足りるかな、と思いながら進めていたのに・・・

b0204887_13243838.jpg
まさかまさかの、残りあと数目分ってところで糸尽きる(号泣)

という訳で、糸を買い足しに行くまではいったんお休み。トホホー!

[PR]
by haru-livre | 2017-09-17 17:22 | ハンドメイド | Comments(0)

片付けと在庫と

義父の葬儀が終わったものの、諸々済ませる事があれこれで。
何だかバタバタしている中でもどうにか針を持つ時間を。

b0204887_13582170.jpg
あと一息なんだけどなぁ・・・



喪用のものを片付けている途中で在庫発見。

b0204887_13583940.jpg
あ゛ーこれ、いつ買ったのかな。随分前だったような。
でも今度のお正月向けには作れないなぁ・・・私の実家も夫の実家も
喪中だもの。

[PR]
by haru-livre | 2017-09-11 14:04 | ハンドメイド | Comments(0)

ゆく夏の味と現実の苦み

もうこの半年、ドキドキワクワクな楽しいお出掛けしてないなー。
ぶらりはるる旅、できてないなー。
もう暫くは仕方ないとはいえ、何だか心ウキウキな気分転換がなくて
楽しくないなー。
気分が地を這っている気がする・・・

去りゆく夏。ゴーヤの季節ともそろそろサヨナラ。
今年のゴーヤメニューでハマったのは、ゴーヤのナムルとゴーヤの
フライ、でもなく天ぷらでもなく素揚げでもなく。
薄く切ったゴーヤを下ごしらえして水気を拭いて、粉もんまぶして
カラリと揚げる。

b0204887_15434244.jpg
ある日のオムレツは何故か四角(笑)
にんじんは、以前沖縄のスーパーで買ってきたしりしりプレートで
にんじんしりしり。
すみっこのゴーヤがナムルにしたもの。

画像はないけど、まだまだクロスステッチ、進めてる最中。
残り4分の1。
本当はこの夏のバッグに仕立てるはずだったのにな。


一大決心と苦い現実
[PR]
by haru-livre | 2017-09-08 09:19 | ごはん | Comments(0)

駆け足で秋到来

今年の秋は、ちょっと駆け足でやってきたような。
あの、ここから残暑はいらないざんしょ(笑)

夏とて食欲が衰えるなんてことはてんでなく、秋になれば芋栗南京新製品ラッシュに
毎年踊らされ(笑)
今秋も既にダンス、ダンス♪

b0204887_15194779.jpg
『結構栗度、高いわよ♡』と友達からのメールでつられてついつい。
うん、チョコレート感というよりモンブランをキュッと閉じ込めたような。
お供は紅茶もいいけど、熱々のほうじ茶でもいいかも。

義父の葬儀までの数日間の間に作った、地元から届いた種なし巨峰で
ふるふるゼリー。

b0204887_15200666.jpg

今年のぶどう、義父にも食べてもらいたかったなぁ・・・

[PR]
by haru-livre | 2017-09-07 15:27 | おやつ | Comments(2)

いつもと違う、いつもの日常

b0204887_14081643.jpg

義父が空へ。
大きくひとつ、ふぅっと息をはいて。それが最期だった。
しっかりと見届ける事が、私の務めだと思っていた。

b0204887_14083410.jpg

いつものように目が覚めて、いつものようにカーテンを開ける。
いつものように洗濯物を始めて、いつものようにエプロンをかける。
いつもとは違うのに、いつものように時間は過ぎる。

現実は映画のようにドラマティックなんかじゃない。
現実はいつもと同じ。
いつもとは違うのにいつもと同じ。
日常って何だか残酷だ。


暫く喪の仕事になります。コメントのお返事、ちょっと遅くなります。

[PR]
by haru-livre | 2017-09-02 12:05 | おはなし | Comments(0)

楽しいこと探しの雑記帳


by haru-livre
プロフィールを見る
画像一覧