ちょっと寄り道

地元までの特急券を買いに行き、ちょっと数駅寄り道散歩。
大好きな紅茶屋さんと手芸屋さん、外国の本を扱う古書店へ。

残念ながら手芸屋さん、電気はついていたけど鍵がかかっていて不在。
あれ?定休日じゃなかったんだけどな。臨時休業だったのかな。

古書店、掘り出し物のチャート本を見つける事が多いけど、今回は残念ながら
欲しいと思えるものと出会えず。

文教地区と呼ばれるその街は駅周辺を離れるととても静かな街。
いいな、この街。

てくてく歩いてお目当ての紅茶屋さんへ。紅茶舗葉々屋さん。
あっ、今日はキーマンが置いてある!・・・けど、癖の強さが私の
好む感じなのかわからないので断念。今日は諦め事ばかり。
いつも冬場はミルクティーを好むけど、チャイ用の茶葉や
ディンブラは前に買ったので今日はストレート向きのものを。

b0204887_10561140.jpg
ニルギリと、セイロンのブレンドを。
マグカップの横にある2つの紙包みはちびスコーンをおまけに頂いたもの。
そして右下のネル地のカットクロス。さぁ、これで何を作ろう?
いい生地と出会って何を作ろうか考える時は至福の時間。
まるで頭の中はワンダーランド。

b0204887_10562636.jpg
ちびスコーンはグラニュー糖でちょっとおめかし。
あ、この味。昔々電子レンジで作ったクッキーを思い出す味だ。
ちょっといい散歩となった寄り道の旅。

[PR]
# by haru-livre | 2018-01-12 15:48 | コーヒー・紅茶 | Comments(0)

インスタントの思い出

年明け早々、また喪の仕事から始まるとは。
去年は春の終わりに叔母を、梅雨明け前に義弟のお母さんを、もうすぐ夏の
終わりという頃に義父を見送ったので、今年は少しは喪の仕事が少なくなるかと
思っていたのに。

今度は母方の叔父。家族が死に目に会えないぐらい急な事だったらしい。
新聞社に勤めていた、とても頭がよく物腰が穏やかで、口数は多くないけど
笑顔が優しい叔父だった。
若い頃はいつもハイライトを愛飲していたっけ。私の父はセブンスター派だったな。
今日は地元までの特急券を買いに行かなくては。(近くにJRの駅がないので)

b0204887_08564254.jpg
昨日仕上がるかと思ったO。喪服を出したりしていたら時間が足りなかった。
CときてOとくれば、次はFFEE。

私の実家はコーヒーを全く飲まない家だったけど、去年逝った叔母の家と
今回亡くなった叔父の家には昔ながらのネスカフェのインスタントコーヒーの
大きな瓶が。昔はこれぐらいしかなかったよなぁ。

[PR]
# by haru-livre | 2018-01-12 09:10 | ハンドメイド | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.49 ムーミン谷へ

寒い寒い成人の日から一転、小春日和な1日。
ちょっと用事ついでにムーミンマーケットへ。

b0204887_16295314.jpg
平日なので人出もほどほど。

b0204887_16300392.jpg
ムーミン、ミイ、スナフキンがお出迎え。


b0204887_16301445.jpg
ムーミンのおうち、窓の外から覗いてみると・・・

b0204887_16305914.jpg
こんにちわ、ムーミンパパ。

b0204887_16383511.jpg
別アングルから見るとムーミンママとミイもいます。

b0204887_16304435.jpg
なぬなぬ?ムーミンとスニフは何をしてるのでしょう?

b0204887_16411394.jpg
何やらムーミンがスピーチをしているようで。

b0204887_16310948.jpg
フローレンは何やらキラキラものをみている様子。
お洒落さんですものね。

b0204887_16315465.jpg
黄昏てますよ、ムーミン。

b0204887_16314023.jpg
『そんなに黄昏たってしょうがないじゃない。仕方ないわねぇ。』とでも言いたげなミイ。
高校生の頃、こんなミイのようなおだんごヘアでした、私。
性格はスナフキンなんだけどね。


[PR]
# by haru-livre | 2018-01-09 16:49 | 散歩 | Comments(2)

闘将逝く

私の人生の中で、師と仰ぐ人が何人もいる。
私の基礎となり、これからの人生の指針となったおばあちゃん。
思春期で『大人はズルい人達』と大人不信だった時に出会った、
『こんな大人に私はなりたいんだ』と思わせてくれた高校の先生。
料理や生活をアレンジする事の楽しみを教えてくれた栗原はるみさんなどなど・・・

子供の頃から超がつくほどのド運動音痴。運動神経が皆無で体育が
苦手で苦手で仕方なかった。
走れば遅い、泳げば溺れる、投げればとんちんかん、運動的センスなんて
全く持ち得てなかった、絵に描いたような典型的な運動音痴。
家も、プロ野球中継も見なければ高校野球も高校サッカーも見ない
家庭だったので、スポーツの楽しさなんてこれっぽっちもわからなかった。


NHKはよくついている家庭だった。というか、民放を見せてもらえない
家庭だったので。
なのでガチャピンもムックも知らない、化石的な子供だったという(笑)
あ、思えばフィギュアスケートだけは見ていたっけ。NHK杯があったから。


そんな時に出会ったのが当時NHKの日曜の夜にやっていた、確か
サンデースポーツスペシャルという番組だったと思うんだけど、キャスターを
していた星野仙一さん。
当時、野球音痴な私でも、現役時代の星野さんは『怖い人』『怒る人』という
印象しかなく。

ところが、この番組での星野さんは全く違う人だった。
丁寧で優しく、説くように話をする穏やかな人。
プロ野球に限らず他のスポーツの事も詳しくて、スポーツをする側だけでなく
見る側の視点にも立って話す人だった。
私にスポーツを見る楽しさを教えてくれたのは、間違いなく星野さんだった。

その星野さんが逝ってしまった。
『昼寝でもしているかのように穏やかな最期だった』という。

闘う熱さばかりクローズアップされる人だったけど、最期に見せたそんな
姿が、きっと本当の星野さんなのだろうな。

私は相変わらずの情けないぐらいの運動音痴だけど、スポーツの世界の楽しさを
教えてくれてありがとうございました。合掌。

[PR]
# by haru-livre | 2018-01-06 10:50 | おはなし | Comments(2)

今年もxxx

両家喪中のため、どちらの実家に行く事もない、静かでのんびりした三が日。
のんびり起きてご飯作って、時々ちらちらテレビ見て、時々ちくちくと
針を進める。

b0204887_14111923.jpg
cから始まる今年のクロスステッチ。
1針でも多く針が進みますように。
今年もよろしくね。

[PR]
# by haru-livre | 2018-01-04 14:16 | ご挨拶 | Comments(2)

楽しいこと探しの雑記帳


by haru-livre
プロフィールを見る
画像一覧