タグ:お出掛け ( 156 ) タグの人気記事

幸せなお悩み

1月も後半になると気になるのがチョコレートの祭典。
テレビでもあちこち取り上げられるようになると、気になりつつも
ついつい『混むかなぁ・・・』と。
大きなあの祭典はもう大行列するのが必至なので、デパート開催から移転してからは
行くのを断念。

こちらはあの大きな祭典よりも小規模ながら出展数はまあまあなので
ここ数年は池袋西武のチョコレートパラダイスへ。
平日ならほぼ並ばずに済むし、それほど大混雑もしないし。

延々、延々、ねちねちねちねちと厳選。
あぁ、あれもいいしこれもいいし♡

なので厳選に厳選を重ねてこの3つに。

b0204887_15554530.jpg
フッ・・・フフッ・・・しーあーわーせー♡

b0204887_15555725.jpg
マツコの知らない世界でも取り上げていた、ジル・マルシャルが任された
メゾン・ショーダン。
これは行く前から要チェックしていたもの。

b0204887_15555109.jpg
これは試食で一目惚れ。ジャン=ミッシェル・モルトロー。
オーガニックにこだわったショコラティエだそう。
口どけと、カカオの口当たりと、すぅっと喉の奥に流れていく感じが
まさに私好み!
これにするか、ビーントゥバーにするか、はたまたアルコール入りのを
買うかで相当迷い悩む。

木箱入りの、獺祭入りのチョコは家族と一緒に食べようと。
バレンタインまでガマンできるのか否か・・・

ぐるぐる悩みながら歩いていたら某局の方が『すいません、インタビューお願いします。』と。
何だか勢いで答えてしまったけど・・・
あ、でもきっと使われない事必至。ベタな答えだったし、他に見栄えの綺麗な若い子がいっぱいいたので。
せめて何の番組だったかぐらいは聞いといてもよかったかな(^^;


[PR]
by haru-livre | 2017-01-26 16:40 | これ、オススメ♪ | Comments(2)

ぶらりはるる旅 vol.47 40数年目の初☆

昨日の、まるで台風のようなどしゃ降り。ニュースになるほど。
私は買い物帰り、車に乗り込んだ直後にドシャーッ!
どうにか家まで帰りついたものの、屋根なし車庫なので車から出る事できず
20分ほど缶詰に。
幸い、冠水する程ではなかったけど、思えばあのまま冠水するほど降ったら
車の中ってやっぱりヤバかったのでは・・・

今日もちょっと雲行き怪しく。それでも朝から降ったりやんだりなら
昨日のようなゲリラ的豪雨はないだろうと思いつつ、ちょっとお呼ばれのお出掛け。

F1歴も人生半分以上となったけど、それ以上に長いのはフィギュアスケート歴。
きっと『今や解説者の佐野稔さんの現役時代を知っている』と言えばいかに長いか
わかるでしょう(笑)
なのに実は1度も現地で見ていない・・・見た事がないという(汗)
・・・まぁF1も同じくだけど、こちらは予算的に・・・ね(失笑)

この間、そんな私にサプライズ。
『1枚だけ取れたから』と、プリンスアイスワールドのチケットを!
しかも、家から電車で30分ほどの東伏見アイスアリーナ・・・いや、今は
ダイドードリンコアイスアリーナ(もう10年も前に名称変更してるやんか!)か。

何せ初アリーナ、しかもエキサイティングシート!
40年以上もフィギュア好きなのに勝手わからず色々な意味でドキがムネムネ(笑)

b0204887_09065126.jpg
通の方の話では、ここは常設のアイスアリーナなので『とても寒い!防寒対策を!』
と聞いたんだけど・・・あれっ?私、体感温度、おかしいな。
半袖のポロシャツの上に薄手のニットカーデ着て、上にカシミアストールで十分。
見渡すと皆ウルトラライトダウン着たり、中にはスキーウエアっぽいものを着ている人まで。
あ、きっとね、私の体感温度がおかしいんっす。多分、ここ結構寒いのかも。

ショーが始まると、もうそのスピード感の迫力と、『わわっ!本物だ本物!』という
驚きで、楽しむというより固まる固まる(爆笑)
プリンスアイスワールドチームの方々が、目の前で笑顔で手を振ったりしてくれても
ドキドキが止まらず見惚れて固まる(笑)
本当、お客さんを盛り上げようとしているのに固まってゴメンなさい(汗)
楽しかったんですよ、本当に!

アイスショーのツアー中、レギュラー出演するのは荒川静香さんと本田武史さん。
日替わりで代表スケーターが。今日は織田信成さん、安藤美姫さん、町田樹さん、
村上佳菜子さん、宇野昌磨さん、本郷理華さん、永井優香さん。

最初はもうミーハー目線。美姫ちゃん、テレビで見る印象よりも華奢とまでは
いかないけど思ったより小柄。でもちょっと黒いー(汗)地黒の私に負けてないー(笑)

荒川さん、もう細くてしなやか。とても大型バイクを乗りまわすようには思えない!
そして何より、この人は本当にフィギュアをするために産まれてきたとしか思えない。

楽しみだったのは宇野くん。芯がぶれないなぁ。演技力も年々濃くなってきているし。

町田くん人気、相変わらず。登場に黄色い歓声があがるあがる!
引退したの、勿体ないねぇ。個人的にはこの人にはクラシックよりジャズナンバーが
合ってる気がするけど、今日は松田聖子のナンバーとは(あ、ショーのテーマが
J-POPだからか)

アイスワールドチームのメンバーも皆選手権に出ていたレベルの人達ばかりだけど、
やっぱり代表スケーターって・・・違う。レベルが全然違う。
一言で言えば圧巻。
勿論、チームメンバーもオーディションを勝ち抜いて合格した人達ばかりだし
お客さんを盛り上げよう、楽しませようという心意気は抜群。
どうしても年齢的に親心で見てしまうところもあって『いい子達だなぁー』と。
キッズ達の登場には、もう親心どころかババア目線で『頑張れ頑張れ!笑顔だよ!』と
余計なおせっかいか(笑)

b0204887_09070519.jpg
b0204887_09071204.jpg
本当、夢のような時間。楽しい気持ちの更に倍、とばかりにうっとり♡

今更ながら、あ゛ー写真、撮ってよかったんだねぇ。
カメラ持って行ったのに、勝手がわからなかったのとドキドキし過ぎて撮れなかった(涙)


[PR]
by haru-livre | 2016-07-15 19:06 | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.46 美しき手仕事の世界へ

前々から気になっていた、トワル・ド・ジュイの世界。
渋谷のBunkamuraで今月いっぱいの開催だというのでちょっとお出掛け。
いやはや、暑い中出歩くのはイヤなので、極力地下道を選んで。

b0204887_15520986.jpg
あ、トワル・ド・ジュイの次はピーターラビット、だそう。
これも気になるなー。

トワル・ド・ジュイとは『ジュイの布』という意味。
インド更紗を起源とし、18世紀にフランスで産まれたコットンプリントの技術。
この流れはその後ウィリアム・モリスの世界などを生み出す。

残念ながら館内は撮影禁止。
なので、お土産の中から少しご紹介。

b0204887_15521863.jpg
フランス・ヴェルサイユ近郊の村に建てられた、クリストフ・オーベルカンプという
プリント技師の工場の風景。
ここで西洋更紗がいくつも産まれたと。

木版プリントから、銅版プリントへと技術が発達した事で大量生産されるように。
オーベルカンフがこだわったのはデザインの美しさ。

b0204887_15523910.jpg
繊細な筆遣いとうっとりするぐらいの流れるライン。
花のディテールの緻密な美しさ。
あぁ、惚れ惚れ。

b0204887_15523296.jpg
これが後々ウィリアム・モリスの世界に・・・というのがよくわかる花のデザイン。

その後、産業革命時期の人々の生活などが描かれるように。
ある種、歴史書や史実書のような感じなのかな。

いにしえのフランス芸術をじっくり堪能した後、渋谷から新宿へ移動。
世界の刺繍展をやっているという文化学園服装博物館へ。

b0204887_15524563.jpg
こちらも残念ながら撮影禁止。
学生さんがスケッチする姿ちらほら。

地域別にその国その国の伝統の刺繍が施された民族衣装などが展示されているけど
とにかくどれを見ても緻密で繊細。
もう展示ケースに張り付くようにしてじーっと眺める。

驚いたのは、パレスチナの伝統刺繍がクロスステッチだという事。
イメージとしてはヨーロッパや東欧のものだと思っていたけど。
綿麻の布の、ドレスのような服の胸元に1目×1目でステッチしてある。本当素晴らしい!

インドの、モスリン地に細かく施された刺繍のサリーも素敵素敵!
モスリンなんてよれてしまいそうな生地なのに、歪みなく刺繍するなんて
一体どんな技術を持っているのだろうとため息をつきながらうっとり。

別室では日本の和刺繍のものを展示。
洋の刺繍に比べたら華やかさは控えめだけど、日本古来の植物や動物を描く様は
これはこれで素晴らしい。
打掛けに細かく細かく描かれる様は、まるで花嫁さんに向けての気持ち1つ1つみたい。

あぁ、これでまた頑張ろうって思う。
時間がかかっても手をかけたものに間違いなんてないんだ、とある種自信を持てた今日。
あとは技術を磨くだけ(笑)
まだまだ勉強の日々なのだ。

[PR]
by haru-livre | 2016-07-13 17:45 | 散歩 | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.45 メインはどちらだ?

家族の予定諸々で夜まで時間が空いたので、ちょっとお勉強の旅に。

b0204887_11432221.jpg
銀座清月堂画廊で開かれている、津軽こぎん刺しの作品展示会。
よく調べなかった私も私だけど、鎌田久子さんというこぎん刺しの先生の
作品展かと思ったら、鎌田さんが教えている教室の生徒さんの作品展だった。
あ、鎌田先生や、教室の卒業生の方々の大作もいくつか。

b0204887_11433069.jpg
内部は撮影禁止だったので外からチラリと。
鎌田さんの作品のスケール感もスゴいけど、色使い、特にグラデーション感が
本当すばらしい。
裏側しか見られないのが残念だけど、写真の右側にある屏風が素敵素敵!

私はこぎん刺しはビギナーな分、作品をあれこれ見るのはとても勉強になる。
色使いとか、糸の引きかたとか。
ちょっと欲しいなぁと思った作品もあったけど、今日が初日だというので後々見に来られる
方々のために。その分、しっかり目に焼き付けて(笑)

いにしえの技法を堪能した後は新しいモノを。

b0204887_11433715.jpg
前から気になっていた、東急プラザ銀座。
阪急モザイクの頃、時々来た事はあったんだけどな。

江戸切子をモチーフにした建物、建築好きにはたまらんちん♡
6階にはフリースペースの『キリコラウンジ』が。
週末はきっと混むだろうけど、平日の今日は昼時でもほどほど空いていて。

b0204887_11434462.jpg
b0204887_11441654.jpg
b0204887_11442397.jpg
ご覧あそばせ、ご覧あそばせ!このフォルム!
もう見惚れるほどの美しさ!
あ゛ーここ、延々いられる(笑)

b0204887_11435111.jpg
外は首都高と銀座の街並みと。
あ、プランタン銀座、確か年末に閉店するんだっけ。

b0204887_11440329.jpg
銀座の街並みを見ると、つい陽水さんの『Tokyo』という歌が頭の中を流れていく。


[PR]
by haru-livre | 2016-07-05 17:43 | 散歩 | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.44 コロリにコロリ♡

いよいよ梅雨。とはいえ、1日中降り続く雨模様でなく時々パラリ。
関東地方の水がめとなるダムの貯水量が少ないとニュースでは言ってたっけ。

天気予報では曇りベース。時々パラパラと降るでしょう。
ならばちょっとお江戸の旅に。
ま、いつもの東京駅近辺旅、別名在庫を増やす旅(笑)
早速サクサク越前屋さんへ。

まずは1階でじっくりチャート本を、1冊1冊舐めるように物色。
(いや、いくら好きでも舐めちゃおりませんよ 笑)
新しく出た日本語版化されたチャート本は保留。でも買っちゃうかな、そのうち。

そして2階で材料捜査(笑)
こっ・・・これは欲しかった、DMCのコロリというマルチカラーの刺繍糸。

b0204887_12283586.jpg
ほぉぉー、素敵なラインアップ♡

b0204887_12284489.jpg
どれを選ぶか迷う迷う♡
しかも、それぞれにつけられた名前がチャーミング♡
ステッチしてみたいチャートを頭で描きながらセレクト。

b0204887_12285367.jpg
選びに選んで5種類。
もうステッチする前からテンション上がる上がる!

b0204887_12290375.jpg
あ、今年のDMCカタログの表紙は樋口愉美子さん。

外は時々霧雨模様。でもほぼ家から駅まで以外は地下をウロウロ。
頼まれ仕事の、パパブブレでの買い物を。
頼まれものはモーリス。

b0204887_12291118.jpg
そのモーリスと同じ縞々柄ながら・・・いやいや、中身がまずは違うのだ。
中身がチョコレート、飴でコーティング。ラム・ブランデーのチョコキャンディ。
あ、香料使用なのでアルコールは入ってないそう。
舐めるか噛むかはあなた好みで(笑)

もやりもやりと湿気を帯びた空気で、すっかり髪がヘルメット状態(爆)
2週間ぐらい前に前下がりボブにしたものの、ぱっつんボブだと頭が膨らむ
髪質なので、かなーりかなーりボリューム落としてもらったのに。
長さで切った分よりもすいた量の方があまりにも多くて、美容師さんに
『毛量、多いですねー!』と驚かれたのに。(あ、これ私の美容院あるある)



[PR]
by haru-livre | 2016-06-07 16:40 | 散歩 | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.43 もう昔はそこになかった

昔々、10代と20代の境目を過ごしていたのは横浜。
様々事情があれど、あんなに観光地ど真ん中に住んでいたとは。

2年間住んでいた、古い古い小さな団地。
もう誰も住まなくなって随分経ってはいたものの、とうとうこの6月に
取り壊されるという話を聞いたのは暫く前のこと。

そうか。じゃ、最後に一目拝んでおこうかな。
最寄り私鉄の接続化でその街に乗り換えなしで行けるようになったし。
(それももう随分前の話じゃないか 笑)

当時はその街まで電車では行けなかったので、昔のように横浜まで電車で、
そしてバスに乗ってその街へ行こう。

横浜へは引っ越して以来何度か行っているものの、当時のようにバスで行くのは
ん十年ぶり。
それでも意外と忘れてないもんで、駅を降りてバスターミナルまでの行き方は
頭より体の方が覚えている。
当時と違うのは、ICカードでらくらく乗れるようになった事かな(笑)

途中の桜木町駅周辺、ここもまぁ随分変わってしまったなぁ。
当時は家からここまでバスに乗り、始発の東横線に乗っていたんだよな。
高架下の落書きいっぱいだったレンガの壁ももうないんだ。
いや、落書きと言っても今時の、何を描いているのやら的なものでなく
キース・ヘリング風だったりアートっぽい絵でちょっと異国情緒漂う雰囲気の
場所だったのに。

横浜から約30分。降り立ったのは昔使っていたバス停の1つ手前。
そこにはテレビ神奈川の局舎があったんだけど、もう随分前にこれも移転。
ぶらりぶらりと山下橋を渡っていると、港湾側に警察車両とおまわりさん。
あ、主要国の首脳陣がもうすぐやってくるからか。
そういや都内のターミナル駅にもいつも以上の警備体制とばかりに
おまわりさんがいるし、ゴミ箱とコインロッカーは封鎖されているとか。
元町とは対照的に人が少ない通りをぶらりぶらり。

b0204887_12060336.jpg
この小さな階段を知っているのは周辺住民のみ。ここは変わらないなぁ。
そして視線を右に転じると・・・

b0204887_12061522.jpg
あっ・・・あれっ???
そこにあったはずの団地が・・・ない。
しかもここ最近解体したのではなく、もう何か月も前に解体されたような。
そっ、そっか・・・もうないんだ。

さっきの階段を上がっていくと・・・

b0204887_12063447.jpg
丘の上にある公園からの景色。ここは変わらないのになぁ。
そっか、もうあの家はないんだ。

公園のある丘から下り、思えばあの頃、バス通りの向こう側に行った事は
なかったなぁ、と思ってバス通りの向こう、海側へ。

b0204887_12065490.jpg
釣り船を出すお店があちこちに。向こう側にはマリンタワー。
この景色はきっと昔から変わってないはず。

人通りも少ない通りをぶらりぶらりもっと海側へ。
b0204887_12075365.jpg
あれ、こんな運河があったんだ。

b0204887_12080276.jpg
運河に渡る橋を更に海側へ。

b0204887_12070727.jpg
観光地とは思えないでしょ?

b0204887_12072924.jpg
橋を渡ると・・・

b0204887_12072189.jpg
ん?工場に見えるようでどうも温室っぽい・・・

b0204887_12073820.jpg
あ、防疫所だったんだねぇ。
ここから先はもう高速の出入り口と海しかない・・・いや、正確には昔はなかった
ホームセンターやら車用品専門店ぐらいしかないのでUターン。

元町にあった手芸屋さんも実店舗はなくなってマッサージ屋?になっていたし、
ほとほと歩いてちょっとお疲れ。
買い物も特になく、電車の時間まで喫茶店に。

b0204887_12083456.jpg
あ、手書きな上にちょっと粋な当て字でのメニュー表。

b0204887_12084251.jpg
もうそこには昔の風景も随分少なくなったし、ちょっとセンチメンタルな旅だったけど。
でもそこで過ごした2年間は、私にとっては大きな2年間だったんだな。


[PR]
by haru-livre | 2016-05-20 18:25 | 散歩 | Comments(0)

春に花文字

本当は、仕入れたい手芸材料の発売日に合わせて来週行こうと思っていた池袋。
ちょっと行かねばならない用事があったので。
早め早めに用事を済ませ、これまた早め早めのお昼ご飯。
時々コーヒーを飲みに行ってはいた、COFFEE VALLEY
ここのサンドウィッチのパンは、パーラー江古田のパンだと聞いていたので
今日の早めランチはスモークチキンサンドウィッチと本日のコーヒーを。

b0204887_15364270.jpg
ほほぅ、パンはしっとりふわふわ。スモークチキンもたっぷり。
あっ、コーヒーの向こう側にはピクルスが置いてあるんだった。

駅に戻ろうと思ったら、今までリブロがあった場所に三省堂書店が。
そしてその一角には神保町いちのいち。日本の銘品や雑貨があれこれと。
1階のフロアの真ん中にはコーヒーを飲めるスペースもある。
今日は買い物しなかったけど、ここは来週買い出しの時に寄ってじっくり
見てみよう。

お茶時間には家に戻ったので、ちょっと調べものしたり、新たに手をつけ始めたのは
こちら。

b0204887_10062569.jpg
花文字のフリーチャートで、ちょっとプレゼントものを。
詳しくは完成後に。

[PR]
by haru-livre | 2016-03-04 16:40 | 散歩 | Comments(2)

タミチカさんの話

昔々、結婚して数年住んでいた隣町。
その、住んでいたアパートから歩いて3分(笑)に地元野菜を使った料理の
カフェがあると知ったのは暫く前の事。
ちょうど先週の金曜日、用事ついでにシュフの外メシしたのがこの
タミチカさん。

先週はうっかりカメラを忘れ、料理もお店の前も撮れず。
今日はしっかりデジカメ子さん持って。

b0204887_13534907.jpg
確か建物自体は、私が住んでいた頃からあった気がするなぁ。
昔は何があったっけ。私の記憶が間違ってなければ、ガス工務店があったような。
違ったかなぁ。

意外と穴場というか、先週もそうだったけど今日も混んでたなぁ。
最初はこのドアの右側に見える3人掛けのカウンター席に座っていたけど、
途中来たお客さんの人数の関係でこの左側の小窓が見える席に移動。

先週はパンやスープ、デリが5種類ついたタミチカプレートを。
1000円でしっかりお腹いっぱいになれるボリューム。
野菜がいっぱい摂れるのも嬉しい。

b0204887_13540095.jpg
今日は薬膳キーマカレー。サラダがついて900円。
サラダのドレッシングがアンチョビ仕立てで美味しい。
最近『ドライカレーなのか、キーマカレーなのか、どっちなのかよく
わからない』系のものが多い上に、そういうカレーはルーが少ないという
ものが多い中、タミチカさんのキーマカレーはルーがたっぷり。
ルーだけでもしっかり美味しく味わえる美味しさ。ひき肉も噛み応えがあるし。
いろいろなスパイスが使われているのか、食べているうちに身体ホカホカ。
なのにスパイスそれぞれの主張が強過ぎないので食べやすい。
きっと丁寧に作っているんだろうなぁというのがよくわかる。

レジ横にはパンが数種類並んでいて、パンだけ買いにいらっしゃる方も。
近くには麦兵衛さんがあるし、でもちょっと気になるのでカンパーニュと
クリームチーズ入りのベーグルをお試しにお土産。
帰り道、麦兵衛さんの前を通るとシャッターが。今日は臨時休業だと。タミチカさんでパン買って正解!

b0204887_13540607.jpg
ここも居心地、いいなぁ。
混まなければいつまでものんびりいたいけど。


今朝のヒヤシンス
[PR]
by haru-livre | 2016-02-26 14:20 | これ、オススメ♪ | Comments(0)

居心地いいとこみっけ♪

前々から気になっていた、あるお店。
でも、そちらに行く度に店休日と重なってしまってなかなか念願かなわず。

今日はそのお店方面で諸々済ませねばならない用事があったので
ランチは間違いなくそのお店に。

新所沢の駅からすぐ近くのHARU Diner
サンドウィッチが美味しいとの評判。

ランチはサンドウィッチやカレーなどの料理プラス飲み物もしくはデザートなどから
選べる。
間違いなくここはサンドウィッチを選ばなくては。
そして、時々買っているコーヒー豆屋さんの豆を使っていると聞いたので
ドリップコーヒーを。

b0204887_08451654.jpg
もっ・・・もっと美味しそうに撮れんのかい(汗)
私のチョイスはBLTA。BLTは勿論ベーコン・レタス・トマト。
じゃAは?はい、アボカド。

軽く焼いた食パンに厚切りのベーコン。これが美味しかったなー!
紙がぐるりと巻いてあるのでソースのこぼれを気にしなくていいというのもいい。
この紙の包み方、気になるなー!

具沢山なので食べ応えも十分。
左の赤いソースはガーリックの入ったチリソース。
このソースをかけてもまた違った味わいで美味しい。

そして何より食後のコーヒー飲みながら・・・
なーんか居心地いいなぁ、ここ。
ついつい長居したくなってしまう。
はい、お気に入りの場所がまた1つ増えました。

[PR]
by haru-livre | 2016-02-05 16:30 | これ、オススメ♪ | Comments(0)

ぶらりはるる旅 vol.42 うさぎパラダイス♡

去年は行かなかった東京国際キルトフェスティバル。
今年のテーマはピーターラビット、そしてウィリアム・モリス。
そっ、それは行かないとダメだしょー!
今日BSで放送があるけど、週末また雪予報が出ているので来週に持ち越せず
BSの放送は予約録画でお出掛け。

大体開場直後は大混雑なのでお昼前に着。
しっ、しかしそれでも入場にかなりの列。
そしてドーム内は・・・ありゃりゃー!相当な大混雑。

とっ、とりあえず企画のピーターラビットとウィリアム・モリスは見なくては。
やはり人気な企画なのか、とにかく人がスゴい。
幸い?ピーターラビットのブースは壁際沿いに動くハメになったので
ササッとじっくり(どっちやねん)見る事が。

b0204887_09082488.jpg
今年のキルトフェスのポスター作品。
うわぁ・・・緻密で繊細!
ピーターやリスの毛並は、いろいろな色の刺繍糸でグラデーション。
キルトラインも細やか~!

b0204887_09084659.jpg
もしかして、枠どっているレースは手編みなのかしら?と思うぐらい。

b0204887_09085986.jpg
もぉー♡可愛過ぎる♡
ついついうっとり見入ってしまいそう。

b0204887_09091072.jpg
私が今回1番気に入ったのはこちら。

b0204887_09091991.jpg
モチーフ編みが可愛過ぎー!

そしてやはり人が大挙していたのは三浦百恵さんと師匠とそのお弟子さん達のブース。

b0204887_09100165.jpg
百恵ちゃん人気は永遠なんだなぁ。
今までは師匠の鷲沢さんがメイン、そして隣に百恵さん作品が。
ところが今年はもう鷲沢さんと同等に名前も書かれていたぐらい。
そういえば、噂では講師養成のコースで習っているとか。

b0204887_09101209.jpg
行く度にいっつも注目してしまうのはこの猫作品。
鈴木なを子さんという方の作品で、毎回猫の表情やしぐさ、精密さに感嘆符。
今日初めて知ったのはこの方、実は木版画家さんだとか。ほほー!

それにしても、午後に入るとマーケットブースの混雑が更に増し、迂闊に通路に
入ろうものなら身動きが取れないどころか、お店を見ることすらできず。
特に買わなければというものもなかったので、マーケットブースの半分ちょっと見て
断念。

ちょっと残念だったのはウィリアム・モリスのブース。
『この作品のこの柄を生かして作りました』とあったものの、やっぱり
ウィリアム・モリスはパターン1枚あってこそ生きる気が。

今年のキルトフェスは一言で言うとうさぎさんパラダイス♡
こちらの制作意欲もますます上昇。


ちょっとがっかり
[PR]
by haru-livre | 2016-01-22 17:35 | 散歩 | Comments(0)

楽しいこと探しの雑記帳


by haru-livre
プロフィールを見る
画像一覧