タグ:独り言 ( 126 ) タグの人気記事

どうしたもんじゃろのぅ・・・

元々独裁国家のような私の実家。特に父は暴君。
母はハイハイと従いつつも不平不満は父ではなく、私に八つ当たりが当たり前だった
私の子供時代。

それでも老いというものはやってくるもので、去年秋に父は大腸がんで入院&手術。
若い頃からお姫様体質の母は、父の容態よりも『お父さんが入院中、私はどうしたら
いいの?買い物は誰が行ってくれるの?私の通院とかー時々行くシンポジウムとかー、
(歩いても10分かからない)絵画教室にも誰が連れてってくれるの?』と
まず自分の生活の心配。あーのーねー・・・
これに関しては母の妹のTちゃんも『もう!お姉さん!いい加減しっかりしてちょうだい!』と
お怒りモードだった。
どうやら母のこういう体質は、母の子供時代からのものだったらしい。

まぁそんなこんな慌ただしい日々が過ぎ、父も退院。術後は3カ月に1回の検査を
2年間、という事になったけど、喉元過ぎればなんとやら、というヤツで
既に来月の検査は『行きたくない』と父。
『まぁお父さんが行きたくないっていうなら別に無理に行かなくても』と母。

もう嫌だ、もうこんな我儘勝手放題の人達。
勝手にすればいい、と思うものの、勝手にさせた挙句自分たちの思うようにいかないと
私にまた八つ当たりするのはわかってる。


夫の父は私の父より先に直腸がんに罹り、その後の経過もあまりいいとは言えず。
その事もあるので、せめて検査だけはきちんと行って欲しいというのが、夫の、私の
父に対する気持ちでもあるというのに。

・・・で、それでですよ。
義父の治療経過等々で知った知識もあるので父や母に諸々アドバイスしたり
行き渋る検査も『ちゃんと行かなくちゃ。それで何もなければまた3カ月
行かなくていいんだから。あなた(母)もそうなだめて、行くように勧めればいいのに』
となだめるも・・・

『あーあ、ほーんとうるさいうるさい。
お父さんは行きたくないって言ってるんだから
いいじゃん。うるさいねぇ、ほんとにあんたは。』

という言葉を最後に、一切連絡をとろうとしなくなった母。

もう、なんでこんな人達の事気にしなきゃならないんだろ。
いい人過ぎるのか、私。

(注・決して仲良し親子じゃないっすよ。むしろ反対。)

[PR]
by haru-livre | 2017-01-08 11:50 | おはなし | Comments(0)

こんな真白な朝

『明日は大雪になる可能性が・・・』
と、確かに昨日の天気予報では言ってたけど、降り始めはかなりしっかりとした雨。
日付が変わる頃までは雨音がしていたんだけど・・・

ふと目が覚めた朝5時前。何やら妙に静か、静かすぎる・・・

b0204887_08542908.jpg
b0204887_08542367.jpg
只今こんなカンジ。
みぞれになり始め、この後は雨予報だけど。
これだけ積もったら多分融けないだろなー。

[PR]
by haru-livre | 2016-01-18 08:59 | おはなし | Comments(2)

カカオな時間

元々1年中熱い飲み物を飲んでいるけど、ひんやりしてくると飲みたくなるのが
チャイとココア。
でもそんな時に限って昨日は牛乳が・・・ない。

b0204887_10104826.jpg
前にも話したかな、ウィリアムズ・ソノマのココアが好きだった私。
でももう入手できないので今はヴァローナココア派。
昔々、親友Yちゃんのおパリ土産でもらった箱入りのヴァローナ。
でも日本ではどこを探しても見掛けない。
なので今は製菓用のヴァローナで。

・・・ラメ糸に手こずったら、ホットなココアでほっと一息。

[PR]
by haru-livre | 2015-11-22 15:10 | コーヒー・紅茶 | Comments(0)

また、喜ばしい日に

家からチャリで15分弱、丸亀製麺が閉店したのが春の終わり。
バイパス沿いなので何かしらお店がまたできるのだろうと思っていたら
コーヒー屋ができるという噂を聞いたのは暫く前のこと。

今日の新聞広告にそのお店が開店と。
b0204887_08562419.jpg
どうやら関東では初出店になるとか。丸亀製麺のグループ店舗らしく。
豆は自家焙煎。しかも、ドリップとプレスのどちらかを選べるとか。
ほほー、気になりますね。

b0204887_08563353.jpg
ふむふむ、フードはパンがメインなのね。

思えばこの街にコメダや星乃ができた時、オープン後数ヶ月は常に満員状態。
ここは落ち着いた辺りに行くとしますか。


おめでとうおめでとう
[PR]
by haru-livre | 2015-10-22 21:55 | おはなし | Comments(0)

サヨナラセブン

近所のセブンイレブン、開店したのは確か次男が小学校に上がった頃。
次男の同級生のお母さんがオープニングスタッフだったから(笑)

『ファミマの駐車場で振りかえればまたファミマが』と言われそうなぐらい
ファミマはたくさんあるのに、セブンイレブンとローソンはなかなか
見つからなかった土地柄。
それでも最近ローソンは少ーし増えてきたものの、セブンイレブンは
一向に増えず。

この辺りでは貴重なセブンイレブンが、どういう事情か閉店するのだと。

b0204887_08211347.jpg
これ、気に入ってたのになぁ。

さよなら、セブン。
『レジ横のコーヒーマシンの隣でドーナツを売る』という光景を目にすることもなく・・・

[PR]
by haru-livre | 2015-09-15 14:20 | おはなし | Comments(0)

母さん、悩ましい時期

b0204887_08503052.jpg
昨日の、赤々とした夕暮れと・・・

b0204887_08504702.jpg
今朝の、高く高く突き抜けるような青空。


***
[PR]
by haru-livre | 2015-06-28 15:11 | おはなし | Comments(0)

意馬心猿

何だか心そぞろとした今週。
何がそんなに忙しいのかというよりも、気持ちに落ち着きがないというか。
焦燥感。そんな感じ。
何にそんなに気持ちが追い立てられているのやら。
そんなお年頃なのかねぇー。

意馬心猿。こういう状況を言うらしい四字熟語。

b0204887_17120438.jpg
それでもしっかり食べる、食べる、食べる。
あたふたして食べる事すら『時間がない』と食べずに突っ走ってしまいそうなので。

今日のお昼ご飯。半日授業の次男と一緒に。
ちょっとクリーミーさを失ったカルボナーラだったけど。

[PR]
by haru-livre | 2015-06-05 17:18 | おはなし | Comments(0)

船酔いに似たり

先日の地震に引き続き、また揺れたなぁ、from関東地方。
今回は小さな揺れが一旦収まったと思った後に、ぐるぐると長い長い横揺れ。
揺れ幅としては結構大きかった気がするけど、縦揺れがなかった分、この間の
地震の方が大きく感じたのは気のせいかな。
震度は、地域的には震度5弱と言っていたけど、多分うちの辺りは3~4ぐらい
だったかと。

棚の上のランタンは延々ぐるんぐるんと大きく回り、開けておいたリビングのドアまで
延々と振れてたし←これは初めて。

あれだけ揺れ幅の大きく長い横揺れが続くと、車酔いしない私が車酔いしたような、
いや、これは完全船酔い状態。
今日は学校の懇談会で、移動やら何やらでほぼ1日がかりで疲れていたところに
この船酔い状態なので、とても気持ちが悪い・・・悪い・・・悪い・・・

震源に近いところにお住まいの方に被害があまりなかったのは不幸中の幸い。
震源が深かった事で津波も起こらなかったとか。

あちこち噴火やら地震やらで心落ち着かない日々。
明日が少しは穏やかな日でありますように。

[PR]
by haru-livre | 2015-05-30 21:43 | おはなし | Comments(0)

揺れました

久しぶりの大きな揺れ。
最初はドドドッ、という地響きのような音が聞こえてきたので
てっきり重機が通っているのかと思った次の瞬間、ふわりふわりと横揺れが。
刻々と揺れは大きくなって、本棚はガタガタと、台所からはガチャン!と。
あ、コーヒー淹れようとお湯沸かしてた、と思って慌てて火を消しに。

結局揺れ始めてかなり経ってからスマホの緊急地震速報が。
私のが鳴って暫くして、近所中あちらこちらから速報の鳴る音が。
もぅー、遅いってー。

結局ガチャン!という音は、水切りかごに入ってたグラスが倒れた音。
幸いにも割れなかった。
棚の上にあった長男のコンタクトの箱が落ちたぐらい。

ガスも、本当はマイコンメーターがついているから、揺れてる最中に慌てて消す事は
なかったんだと、後になって気付く始末。

怖さより、ビックリして心臓ドキドキが暫く止まらなくて、
友達にメールする手が暫く震えてた。

震源は私の住む県の北部。うちの辺りで震度4。
公式には震度3になっているけど、これは地震計が設置されているのが
地盤が硬いところだそうで、実際の揺れより小さく表示されるのが常。
もう大きい地震はイヤだなぁ・・・

[PR]
by haru-livre | 2015-05-25 15:00 | おはなし | Comments(0)

藤の木の思い出

私が通っていた小学校は、当時創立100周年を迎える古い古い学校だった。
その頃の校舎は戦後建てられた木造校舎。
トイレは校舎の中でなく、中庭にトイレの建物があったほど。

古い校舎だったけど、当時は板張りの床や階段をピッカピカに光るまで
掃除していたので、冬になるとつぅーんと痛いぐらいに冷たい空気の中、
窓越しに射す日差しがキラキラと床に反射していた光景が心の中に。

給食は自校給食で、お昼近くなると美味しそうな匂いが教室に漂ってきて
『今日は何だったっけ?』と、黒板を見ながらも心ここに在らず。
パンはいつもはコッペパンだったけど、時々馬場さんというパン屋さんの
バターロールが。このバターロールがとても美味しかったなぁ。

でも私達が卒業して数年後、新しいコンクリの校舎に建て替えられたのに
少子化の影響で最寄りの小学校と統廃合。
私が通っていた小学校は廃校になってしまった。

校庭には大きな藤棚があって、ちょうど今頃、紫色の綺麗な花が咲いていた。
その花の時期が過ぎて暫くすると、20センチぐらいの長くて太い、いんげんの
親分みたいなさやが垂れ下がり、直にボトリ、と落ちてくる。
そのさやは硬くて、中には実があったものの、さやを割ろうとしても指が
痛くなるので割れなかった。
で、私達はその硬いさやを木の枝代わりに地面に絵を描いたり、時には
投げ合ったり(こらこら 汗)。

この時期になると思い出す、小学校の思い出。
・・・今その藤棚、どうなっているのかな。

b0204887_10432702.jpg

[PR]
by haru-livre | 2015-05-15 17:43 | おはなし | Comments(0)

楽しいこと探しの雑記帳


by haru-livre
プロフィールを見る
画像一覧