カテゴリ:おはなし( 43 )

お見舞い申し上げます。

何だか自然の猛威に太刀打ちできない事を実感する今日この頃。
昨夜は久しぶりに関東地方では緊急地震速報と同時にグラリグラリと
揺れ出して。
もう、怖いというよりも『一体何を悪い事したか!』と腹立たしく
感じる事も。

今回の西日本の水害で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
家や大切な家族の方を亡くされた方々の心中を思うと、ニュースを見る度に
胸が痛みます。

本当、当たり前のようにご飯を食べて布団で眠る事が、出掛けて家に
帰ってこれる事が、家族と話をする事がこんなにありがたい事なのかと、
東日本大震災の時も痛感したけど・・・
少しばかりだけど募金をする事しか私にはできませんが。

穏やかな日常が早く戻る事を、街が復旧する事を祈るばかりです。

b0204887_15153211.jpg
カーテン越しに見えたのは赤々と燃えるような朝焼け。今日の朝4時半の光景。

[PR]
by haru-livre | 2018-07-08 10:33 | おはなし | Comments(0)

多分、空の巣

次男がひとり暮らしを始めて数ヶ月。
同じ沿線だし、ちょいちょい【線】で話をしてるし、月1ぐらいの割合で
ご飯食べに行ったりしてるし、長男は家にいるし。
・・・とは思っていたものの、やはり何だか慣れないというかしっくりこないというか。

肝心の次男はひとり暮らし謳歌しているというのに。
『これからは自分のために時間を使って、自分のために出掛けなよ。』と
次男は言ってくれているのに。
ひとりっ子でひとり時間には慣れているはずなのに。

あーそうか、これがよく言う【空の巣症候群】ってヤツなのかなー。

ここんとこ、ずーっと家で断捨離ならぬ【復旧片付け】とでも言うのか、
何年もためこんだというか捨てずにほったらかしといたものを処分したり。
出掛けてない訳ではないんだけど、家もしくは家周辺ばかり。

遠出じゃないんだけど、たまには外でシュフメシでも。

b0204887_10490256.jpg
隣町のお気に入りのカフェ。
暫く行かないうちにメニューが激減。日替わりプレートとパン、薬膳カレーだけに
なっちゃった。
元気だそうと薬膳カレーを。
あれ?でも気のせいか、前に食べた時はもっとスパイス感効いてたのに
カレールーっぽい味になってる・・・気がする。

b0204887_10490954.jpg
今年の梅雨は空梅雨なのか。随分夏が早く来そうだなー・・・なんて呆けながら。
たまには外に出ないとダメです。うん。

[PR]
by haru-livre | 2018-06-18 16:43 | おはなし | Comments(0)

深く広い川の話

いつまで一体こんな話をしているんだ、と自分でも思うんだけど。

すごくすごく、気分を害する話です。
特に親子仲がいい方なら尚更。



根暗く嫌な話
[PR]
by haru-livre | 2018-02-02 11:22 | おはなし | Comments(0)

闘将逝く

私の人生の中で、師と仰ぐ人が何人もいる。
私の基礎となり、これからの人生の指針となったおばあちゃん。
思春期で『大人はズルい人達』と大人不信だった時に出会った、
『こんな大人に私はなりたいんだ』と思わせてくれた高校の先生。
料理や生活をアレンジする事の楽しみを教えてくれた栗原はるみさんなどなど・・・

子供の頃から超がつくほどのド運動音痴。運動神経が皆無で体育が
苦手で苦手で仕方なかった。
走れば遅い、泳げば溺れる、投げればとんちんかん、運動的センスなんて
全く持ち得てなかった、絵に描いたような典型的な運動音痴。
家も、プロ野球中継も見なければ高校野球も高校サッカーも見ない
家庭だったので、スポーツの楽しさなんてこれっぽっちもわからなかった。


NHKはよくついている家庭だった。というか、民放を見せてもらえない
家庭だったので。
なのでガチャピンもムックも知らない、化石的な子供だったという(笑)
あ、思えばフィギュアスケートだけは見ていたっけ。NHK杯があったから。


そんな時に出会ったのが当時NHKの日曜の夜にやっていた、確か
サンデースポーツスペシャルという番組だったと思うんだけど、キャスターを
していた星野仙一さん。
当時、野球音痴な私でも、現役時代の星野さんは『怖い人』『怒る人』という
印象しかなく。

ところが、この番組での星野さんは全く違う人だった。
丁寧で優しく、説くように話をする穏やかな人。
プロ野球に限らず他のスポーツの事も詳しくて、スポーツをする側だけでなく
見る側の視点にも立って話す人だった。
私にスポーツを見る楽しさを教えてくれたのは、間違いなく星野さんだった。

その星野さんが逝ってしまった。
『昼寝でもしているかのように穏やかな最期だった』という。

闘う熱さばかりクローズアップされる人だったけど、最期に見せたそんな
姿が、きっと本当の星野さんなのだろうな。

私は相変わらずの情けないぐらいの運動音痴だけど、スポーツの世界の楽しさを
教えてくれてありがとうございました。合掌。

[PR]
by haru-livre | 2018-01-06 10:50 | おはなし | Comments(2)

いつもと違う、いつもの日常

b0204887_14081643.jpg

義父が空へ。
大きくひとつ、ふぅっと息をはいて。それが最期だった。
しっかりと見届ける事が、私の務めだと思っていた。

b0204887_14083410.jpg

いつものように目が覚めて、いつものようにカーテンを開ける。
いつものように洗濯物を始めて、いつものようにエプロンをかける。
いつもとは違うのに、いつものように時間は過ぎる。

現実は映画のようにドラマティックなんかじゃない。
現実はいつもと同じ。
いつもとは違うのにいつもと同じ。
日常って何だか残酷だ。


暫く喪の仕事になります。コメントのお返事、ちょっと遅くなります。

[PR]
by haru-livre | 2017-09-02 12:05 | おはなし | Comments(0)

クールミントの月(追記あり)

晴れ続きの日々。どこもかしこも乾燥してるなぁ。
これからの時期、私の住む街は砂嵐の時期。
いつぞやはこんな光景も・・・→・・・スイマセン。只今風邪っぴき真っ最中で、編集途中なのにアップしてしまいました(汗)
これ以降追記です。

ちょっとずつ、ちょっとずつ日が延びてきたのか、朝起きる時にはまだ漆黒の闇だったのが
すこーしだけ東の空が夜明け前色。
夕方も、すこーしだけカーテンを開けている時間が延びてきて。

b0204887_10012673.jpg
日没後、夕闇がやってくる前のこんな時間をマジックアワーと言うのだそうだ。
逆に、夜明け前の時間はブルーアワー。

b0204887_10013619.jpg
細ーい三日月と宵の明星(金星)。
こんな月を見るとつい『クールミントの月』と呼んでしまう。

まだまだ寒空続くけど、すこーしだけ天体ショーを楽しめる頃。
あぁ、早く風邪、治そ。

[PR]
by haru-livre | 2017-02-01 17:30 | おはなし | Comments(0)

どうしたもんじゃろのぅ・・・

元々独裁国家のような私の実家。特に父は暴君。
母はハイハイと従いつつも不平不満は父ではなく、私に八つ当たりが当たり前だった
私の子供時代。

それでも老いというものはやってくるもので、去年秋に父は大腸がんで入院&手術。
若い頃からお姫様体質の母は、父の容態よりも『お父さんが入院中、私はどうしたら
いいの?買い物は誰が行ってくれるの?私の通院とかー時々行くシンポジウムとかー、
(歩いても10分かからない)絵画教室にも誰が連れてってくれるの?』と
まず自分の生活の心配。あーのーねー・・・
これに関しては母の妹のTちゃんも『もう!お姉さん!いい加減しっかりしてちょうだい!』と
お怒りモードだった。
どうやら母のこういう体質は、母の子供時代からのものだったらしい。

まぁそんなこんな慌ただしい日々が過ぎ、父も退院。術後は3カ月に1回の検査を
2年間、という事になったけど、喉元過ぎればなんとやら、というヤツで
既に来月の検査は『行きたくない』と父。
『まぁお父さんが行きたくないっていうなら別に無理に行かなくても』と母。

もう嫌だ、もうこんな我儘勝手放題の人達。
勝手にすればいい、と思うものの、勝手にさせた挙句自分たちの思うようにいかないと
私にまた八つ当たりするのはわかってる。


夫の父は私の父より先に直腸がんに罹り、その後の経過もあまりいいとは言えず。
その事もあるので、せめて検査だけはきちんと行って欲しいというのが、夫の、私の
父に対する気持ちでもあるというのに。

・・・で、それでですよ。
義父の治療経過等々で知った知識もあるので父や母に諸々アドバイスしたり
行き渋る検査も『ちゃんと行かなくちゃ。それで何もなければまた3カ月
行かなくていいんだから。あなた(母)もそうなだめて、行くように勧めればいいのに』
となだめるも・・・

『あーあ、ほーんとうるさいうるさい。
お父さんは行きたくないって言ってるんだから
いいじゃん。うるさいねぇ、ほんとにあんたは。』

という言葉を最後に、一切連絡をとろうとしなくなった母。

もう、なんでこんな人達の事気にしなきゃならないんだろ。
いい人過ぎるのか、私。

(注・決して仲良し親子じゃないっすよ。むしろ反対。)

[PR]
by haru-livre | 2017-01-08 11:50 | おはなし | Comments(0)

こんな真白な朝

『明日は大雪になる可能性が・・・』
と、確かに昨日の天気予報では言ってたけど、降り始めはかなりしっかりとした雨。
日付が変わる頃までは雨音がしていたんだけど・・・

ふと目が覚めた朝5時前。何やら妙に静か、静かすぎる・・・

b0204887_08542908.jpg
b0204887_08542367.jpg
只今こんなカンジ。
みぞれになり始め、この後は雨予報だけど。
これだけ積もったら多分融けないだろなー。

[PR]
by haru-livre | 2016-01-18 08:59 | おはなし | Comments(2)

また、喜ばしい日に

家からチャリで15分弱、丸亀製麺が閉店したのが春の終わり。
バイパス沿いなので何かしらお店がまたできるのだろうと思っていたら
コーヒー屋ができるという噂を聞いたのは暫く前のこと。

今日の新聞広告にそのお店が開店と。
b0204887_08562419.jpg
どうやら関東では初出店になるとか。丸亀製麺のグループ店舗らしく。
豆は自家焙煎。しかも、ドリップとプレスのどちらかを選べるとか。
ほほー、気になりますね。

b0204887_08563353.jpg
ふむふむ、フードはパンがメインなのね。

思えばこの街にコメダや星乃ができた時、オープン後数ヶ月は常に満員状態。
ここは落ち着いた辺りに行くとしますか。


おめでとうおめでとう
[PR]
by haru-livre | 2015-10-22 21:55 | おはなし | Comments(0)

Anniversary

b0204887_09261940.jpg
あなたの根気のよさに、頭が下がる日でもあります。

[PR]
by haru-livre | 2015-10-05 10:25 | おはなし | Comments(0)

楽しいこと探しの雑記帳


by haru-livre
プロフィールを見る
画像一覧